訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーション

在宅で生活されている方で、通院が困難な方に理学療法士・作業療法士がご家庭を訪問して、ご利用者に合わせた適切な訪問リハビリテーションを実施します。

訪問リハビリって何のためにするの?

住み慣れた場所で、ご本人が自分のできることや、家族・地域との関わりを増やし、生活範囲を広げ、快適で豊かな生活を送ることができるように援助します。また、 遂行困難な日常生活動作等に対して、体の動かし方や介助のやり方をご本人・ご家族に指導します。また、住宅環境の整備・福祉用具選択への助言も行います。

訪問リハビリってどんなことをするの?

◇ 関節を動かす運動、筋力強化等
◇ 日常生活動作の練習(食事動作練習、入浴動作練習、トイレ動作練習等)
◇ 介助方法の指導
◇ 家事動作の練習(調理練習、洗濯の練習、掃除の練習等)
◇ 歩行練習、外出の練習
◇ 福祉用具(杖・歩行器など)、住宅改修(手すり・段差解消など)のアドバイス
◇ 趣味活動への援助
◇ コミュニケーションの取り方の練習・指導(発話練習、発声練習など)
◇ 食事摂取の練習・指導(摂食・嚥下訓練)
◇ 手足の筋力強化など自主トレーニングの指導
◇ その他(様々な生活上の動作練習等)

訪問リハビリテーションの対象者

要介護または要支援状態にある、通院が困難な方で訪問リハビリテーションを希望し医師が必要と認めた方。

運営方針

ご利用者の意思及び人格を尊重し、常にご利用者の立場に立ったサービスの提供に努めます。事業の実施に当たっては、医師の指示及び訪問リハビリテーション計画に基づき、ご利用者の心身の機能の維持回復を図り、日常生活の自立に資するよう妥当適切に行います。上記の観点から、関係市町村・居宅介護支援事業所・地域の保健、医療、福祉サービスとの綿密な連携を図り、総合的なサービスの提供に努めます。

利用料金