介護職員特定処遇改善加算への取り組みについての情報提供

令和元年10月の介護報酬改定に伴い、当施設は新たに「介護職員等特定処遇改善加算(新加算T)を取得いたしました。 介護人材の確保をより一層進めるために、下記内容の通り、介護職員の更なる処遇改善を進めます。

賃金改善の取組内容について

「経験・技能のある介護職員(勤続年数10年以上の介護福祉士)に対し更なる賃金改善を行い、又、「その他の介護職員」そして「他の職種の職員」についても、新たな賃金改善を行い、支給いたします。

賃金改善の取組内容について

<資質の向上の取組>

働きながら介護福祉士取得を目指す者、専門性の高い介護技術取得を目指す者等、の各種取得希望者に対し、又、認知症ケア研修・サービス提供責任者研修・中堅職員のマネジメント研修等、の各種研修参加者に対し、一連の受講支援を行っています。

<労働環境・処遇改善の取組>

IT・ICT等のシステム活用(ケア内容や申し送り事項の情報共有による介護職員の事務負担軽減、利用者情報蓄積による利用者個々の特性に応じたサービス提供等)によって記録・記載業務の省力化をし、本来の介護業務ができる環境改善に取り組んでいます。

<その他改善の取組>

日課表の各種介護業務の見直し・再検討により、必要な応援業務職員の増員により、業務負担の軽減ができる職場改善に取り組んでいます。

尚、現行加算である「介護職員処遇改善加算(1)」を既に取得しており、上記、特定加算を上乗せする形で支給してまいります。