食事

食事形態

・季節を感じて頂けるよう旬の食材を取り入れ、見た目や味ともに楽しんでいただけるように心がけています。

・安全で、心のこもった温かいお食事の提供に努めております。また、一口大等で入所者様に合わせた食事形態で召し上がっていただけるよう対応しております。

・飲み込みが難しい入所者様や食事量が必要量摂れないご利用者様には、多職種で検討し高栄養の補助食品等をお出ししております。

普通食

噛む力があり、飲み込むことが出来る方にお出ししています。高齢者の方にも食べやすいように、柔らかく調理して提供しております。

ソフト食

歯茎や舌でつぶすことができる柔らかさで、まとまりがあるので、むせることなく安心して食べることが出来ます。噛む力が弱く、飲み込むことが出来る方にお出ししています。

ミキサー食

食事をペースト状にしており、噛むことが難しく、飲み込むことが出来る方にお出ししています。

ゼリー食

ミキサー食をゼリー状にしている為、むせることなく食べることが出来ます。噛むことも、飲み込むことも難しい方にお出ししています。

療養食

病気や身体状況に応じて、療養食をお出ししています。糖尿病食・貧血食・腎臓食・透析食等があります。

食事に関する取り組み

栄養サポートチーム:NST

医師、管理栄養士、看護師、介護士、リハビリスタッフ等の多職種でカンファレンスを行い、低栄養のご利用者様を中心に栄養管理を行い、栄養状態の改善に取り組んでいます。

ミールラウンド

毎月、多職種で食事回診を行って、ご利用者様の食事摂取状態等を把握し、食事等の意見をお伺いして、満足していただけるように努めております。

給食委員会

食事チーム会議のメンバー等が集まり、食事内容や衛生管理等について意見を交え、向上に努めております。

嗜好調査

入所者様の嗜好や食事に対する要望等を把握し、出来るだけ食事に反映させて食事に対する満足度の向上に努めております。

・秀明荘では、経口維持のための取り組みをしています。

・多職種でミールラウンドを行い、食事観察をして食事中の姿勢の改善や入所者様にあった食事内容の検討をし、医師の指示のもと継続して経口による食事の摂取が出来るように管理に努めています。