部門紹介 | 玉島中央病院

栄養課

栄養課理念「患者さんの早期回復を願い、常に安全で美味しい治療食を作ること」

提供している食事

現在治療食は20食種を提供しています。糖尿病食や腎不全食、透析食等の治療食、食事の形態に応じた常食、全粥食、七分粥食、三分粥、ソフト食、ブレンダー食などがあります。その他に、当院では起き上がるのが難しい患者さんや手が使いにくい患者さんには常食程度のものを串でさした串さし食という食事を提供しています。


また、協会けんぽ生活習慣病予防健診とドックを受けられた方にも栄養課よりお食事を提供しております。健診終了後、作りたてをお持ちしております。


個別対応

アレルギーや禁止食品のある方、食欲がわかない方には病室を訪問してお話を伺い、できる限り個別対応できるよう心がけています。主食の軟らかさ、そして副食の量や大きさも召し上がっていただけるように対応しています。


設備

厨房設備はオール電化で、電気回転釜、スチームコンベクションオーブン、ブラストチラー等を活用し、安全で美味しい食事作りをするために努力しています。温冷配膳車の使用により、料理別・季節別に温度を考慮して提供しています。


給食委員会

月1回以下のことを目的とし給食委員会を実施しています。

  1. 安全な食事を患者さんに提供する為の環境整備
  2. 治療食の質の向上(嗜好調査、委員による検食、調理技術の向上)
  3. その他病院給食に関わることの話し合い

NST

週1回医師、管理栄養士、看護師、薬剤師、言語聴覚士等の多職種が集まり、カンファレンスと回診を行っています。栄養状態の良くない患者さんを対象に、適切な栄養補給法の検討や経口・経管栄養剤の検討など多職種連携で行っています。

業務内容と1日の流れ