平成27年度 玉島中央 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 7 27 23 40 63 108 157 317 438 168
入院患者の年齢階級別患者数の指標。
80~89歳の年齢の入院患者が最も多い。
未成年の患者(0~19歳)の入院患者割合2.5%、70歳以上の割合は68.5%であった。平均年齢は72.2歳。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 46 20.63 14.34 4.35 77.80
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 38.17 21.69 0.00 85.50
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 8 24.00 18.30 0.00 83.25
診療科内科の上位3位までの疾患(治療)を見た指標。
①040080X099X0XX:は肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎の入院
②040081XX99X00X:は誤嚥性肺炎の入院
③050130XX99000X:は心不全の入院
①から③の治療を受けた患者の平均年齢は①77.80歳②85.50歳③83.25歳
また全国的な平均的入院期間は①14.34日(当院20.63日)②21.69日(当院38.17日)
③18.30日(当院24.00日)
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等28あり 21 3.00 11.62 0.00 66.19
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 8 9.13 9.17 12.5 72.13
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 7 9.14 7.91 0.00 44.86
診療科外科の上位3位までの疾患(治療)を見た指標。
①040040XX9908XX:は肺の悪性腫瘍の入院
②060210XX99000X:はヘルニアの記載のない腸閉塞の入院
③060102XX99XXXX:は穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患の入院
①から③の治療を受けた患者の平均年齢は①66.19歳②72.13歳③44.86歳
また全国的な平均的入院期間は①11.62日(当院3.00日)②9.17日(当院9.13日)
③7.91日(当院9.14日)
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 64 49.84 21.52 4.69 79.92
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 54 62.31 28.70 7.41 84.22
160720xx01xx0x 肩関節周辺の骨折脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 副傷病なし 18 29.22 13.49 11.11 67.28
診療科整形外科の上位3位までの疾患(治療)を見た指標。
①160690XX99XX0X:は胸椎、腰椎以下骨折損傷の入院
②160800XX01XXXX:は股関節大腿近位骨折の入院
③160720XX01XX0X:は肩関節周辺の骨折脱臼の入院
①から③の治療を受けた患者の平均年齢は①79.92歳②84.22歳③67.28歳
また全国的な平均的入院期間は①21.52日(当院49.84日)②28.70日(当院62.31日)
③13.49日(当院29.22日)
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
080250xx9700xx 褥瘡潰瘍 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 1 2 31.71 0.00 89.00
161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 1 41.00 12.66 0.00 87.00
診療科形成外科の上位2位までの疾患(治療)を見た指標。
①080250XX9700XX:は褥瘡潰瘍の入院
②161000X199X0XX:は熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷の入院
①から②の治療を受けた患者の平均年齢は①89.00歳②87.00歳
また全国的な平均的入院期間は①31.71日(当院2.00日)②12.66日(当院41.00日)
脳外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 54 24.87 14.34 11.11 75.81
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 28 30.89 18.08 3.57 72.71
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 27 9.19 5.31 0.00 75.30
診療科脳外科の上位3位までの疾患(治療)を見た指標。
①040080X099X0XX:は肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎の入院
②010060X099030X:は脳梗塞の入院
③030400XX99XXXX:は前庭機能障害の入院
①から③の治療を受けた患者の平均年齢は①75.81歳②72.71歳③75.30歳
また全国的な平均的入院期間は①14.34日(当院24.87日)②18.08日(当院30.89日)
③5.31日(当院9.19日)
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 11 7.73 8.97 0.00 75.00
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 8 9.75 11.97 0.00 74.25
080110xxxxx0xx 水疱症 手術・処置等2なし 3 50.67 31.95 0.00 85.00
診療科皮膚科の上位3位までの疾患(治療)を見た指標。
①080020XXXXXXXX:は帯状疱疹の入院
②080011XX99XXXX:は急性膿皮症の入院
③080110XXXXX0XX:は水疱症の入院
①から③の治療を受けた患者の平均年齢は①75.00歳②74.25歳③85.00歳
また全国的な平均的入院期間は①8.97日(当院7.73日)②11.97日(当院9.75日)
③31.95日(当院50.67日)
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 19 10.95 14.34 5.26 81.79
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 12 11.42 12.60 0.00 68.83
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 5 5.20 7.59 0.00 83.00
診療科泌尿器科の上位3位までの疾患(治療)を見た指標。
①040080X099X0XX:は肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎の入院
②110310XX99XXXX:は腎臓または尿路の感染症の入院
③110070XX0200XX:は膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍の入院
①から③の治療を受けた患者の平均年齢は①81.79歳②68.83歳③83.00歳
また全国的な平均的入院期間は①14.34日(当院10.95日)②12.60日(当院11.42日)
③7.59日(当院5.20日)
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 0 0 1 7 7 1 1 6,7
大腸癌 0 2 1 2 2 1 1 6,7
乳癌 0 0 0 0 1 1 1 6
肺癌 0 0 1 3 1 0 1 6
肝癌 0 0 0 1 1 1 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院に入院し、癌診療を受けた5つの代表的癌疾患(5大癌)の診療情報の指標。
はじめての治療(初発)時の癌の進行度(Stage;ステージ)と再発で治療を受けた
患者数を集計した。
当院に癌治療のために入院した患者の癌の進行度の最頻値は次の通りであった。
胃癌StageⅣ、大腸癌StageⅣ、乳癌Stage-、肺癌StageⅣ、肝癌StageⅣ
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 23 16.35 52.96
重症度 1 79 26.75 82.54
重症度 2 19 18.58 83.84
重症度 3 6 49.00 87.83
重症度 4 0 0.00 0.00
重症度 5 1 15.00 92.00
不明 0 0.00 0.00
日常生活をしていた人が発症した肺炎(市中肺炎)の重症度を見た指標。
入院中に発症した肺炎(院内肺炎)を別にし、市中肺炎の入院患者数等を見た。
重症度1が最も多い。平均年齢は76.23歳で重症度別には重症度が高いほど平均
年齢が高い傾向が見られた。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 2 3.50 81.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I63$ 脳梗塞 3日以内 54 54.39 75.11 14.29
その他 2 56.00 90.00 0.00
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0.00 0.00 0.00
その他 0 0.00 0.00 0.00
脳梗塞を国際的な疾病等の分類(ICD-10分類)に基づき、入院患者数等を見た指標。
主な疾患としては、次の診療による入院である。
①G45$は一過性脳虚血疾患の入院
②I63$は血栓性脳梗塞疾患の入院
I63$による疾患による入院患者数が最も多く、平均年齢は75.11歳、転院率は
14.81%であった。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 13 0.00 1.00 0.00 65.08
K654 内視鏡的消化管止血術 4 3.50 30.75 0.00 68.75
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 2 38.50 46.00 0.00 90.00
診療科内科の上位3位までの手術を見た指標。
①内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術
②内視鏡的消化管止血術
③胃瘻造設術
①から③の手術を受けた患者の平均年齢は①65.08歳②68.75歳③90.00歳
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 5 1.60 7.00 0.00 70.60
K7211 内視鏡的結腸ポリープ切除術(長径 2㎝未満) 5 0.20 1.00 0.00 65.00
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 3 15.67 25.00 33.33 72.33
診療科外科の上位3位までの手術を見た指標。
①ヘルニア手術(鼠径ヘルニア)
②内視鏡的結腸ポリープ切除術
③経尿道的尿管ステント留置術
①から③の手術を受けた患者の平均年齢は①70.60歳②65.00歳③72.33歳
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K0461 骨折観血的手術(上腕) 64 3.81 52.66 7.81 80.94
K0462 骨折観血的手術(下腿) 29 1.79 16.69 0.00 67.59
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 20 1.20 11.25 0.00 62.95
診療科整形外科の上位3位までの手術を見た指標。
①骨折観血的手術(上腕)
②骨折観血的手術(下腿)
③骨折観血的手術(鎖骨)
①から③の手術を受けた患者の平均年齢は①80.94歳②67.59歳③62.95歳
脳外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 4 17.75 30.25 25.00 75.75
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 2 43.00 53.00 0.00 77.50
診療科脳外科の上位2位までの手術を見た指標。
①慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術
②胃瘻造設術
①から②の手術を受けた患者の平均年齢は①75.75歳②77.50歳
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 5 0.00 4.20 0.00 88.00
K610-3 内シャント設置術 3 6.33 16.33 0.00 69.33
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 3 4.00 6.00 0.00 61.33
診療科泌尿器科の上位3位までの手術を見た指標。
①膀胱悪性腫瘍手術
②内シャント設置術
③体外衝撃波腎・尿管結石破砕術
①から③の手術を受けた患者の平均年齢は①88.00歳②69.33歳③61.33歳
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 2 0.15
異なる 4 0.30
180010 敗血症 同一 5 0.37
異なる 0 0.00
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 1 0.07
異なる 0 0.00
入院医療費の支払い制度(DPC包括医療費支払い制度)から見た入院患者数と
保険請求した患者数割合の指標。
入院の合併症として代表的な、会計上使用するDPC分類から4つの患者数等を集計。
なお、「180040手術・処置等の合併症」は、国際的な疾病等の分類(ICD-10分類)の
表現を用いた分類表現であり、主病名の治療よりも入院中に他の合併症の医療資源が
優先された分類であり、当院は0.08%だった。
更新履歴
2016.09.30
病院指標公開
2016.10.28
診断群分類別患者数等、診療科別主要手術別患者数等のコメントを追加